AGA治療薬の種類と特徴

  • HOME »
  • AGA治療薬の種類と特徴

AGAとは男性型脱毛症のことで、遺伝や男性ホルモンの影響で前頭部(生え際)・頭頂部分が薄毛になることです。
正常な髪は、2年~6年かけて太くしっかりした髪に成長します。
一方、AGAになると数ヶ月~1年で、うぶ毛のような成長となり抜けてしまいます。

AGA治療薬は、このAGAの症状をおこさせる男性ホルモンの生成を阻害し、脱毛の抑制や髪にコシを与えることが期待できます。

薄毛が気になる方は、一度ご相談下さい。

AGA新薬「ザガーロ」は、従来のAGA治療薬「プロペシア」や「フィナステリド」に比べ、約1.6倍の発毛効果が認められています。

AGA治療薬の「種類」と「特徴」

 

AGA治療薬 ザガーロ
ザガーロの処方

AGA新薬「ザガーロ」は、5α還元酵素の1型と2型の阻害により、ジヒドロテストステロン(DHT)濃度を低下させ、ヘアサイクルを正常に近づけることで発毛を促進します。
グラクソ・スミスクライン株式会社

 

0.5㎎:30錠 9,500円(税込)

AGA治療薬 プロぺシア
プロペシアの処方

内服のAGA治療薬です。国内の臨床データで1年間で98%の方に進行を抑制した結果がありました。
MSD株式会社

 

1㎎:28錠 8,000円(税込)

AGA治療薬 プロペシアジェネリック(フィナステリド)

プロペシアジェネリックの処方(フィナステリド)

プロペシアにはジェネリック薬剤「フィナステリド」があります。
東和薬品株式会社

 

1㎎:28錠 6,000円(税込)

遠隔診療ポケットドクター

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © マリオクリニック池袋西口院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.