AGA新薬ザガーロ

  • HOME »
  • AGA新薬ザガーロ

AGA新薬「ザガーロ」は、2015年9月に承認、2016年6月13日に各クリニックで発売された薄毛・AGAの新治療薬です。

従来のAGA治療薬「プロペシア」や「フィナステリド」に比べ、約1.6倍の発毛効果が認められています。

AGA(男性型脱毛症)の原因の一つに、男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」の濃度が関係していると言われています。

そのDHTに変換する物質に5α還元酵素があげられ、5α還元酵素には1型と2型が存在します。

「プロペシア」や「フィナステリド」は、2型のみを阻害しますが、AGA新薬「ザガーロ」は、1型と2型の両方を阻害する薬理作用があります。

5α還元酵素の1型と2型の阻害により、ジヒドロテストステロン(DHT)濃度を低下させ、ヘアサイクルを正常に近づけることで毛髪数を増加させます。

●5α還元酵素(1型)
1型は毛が生える箇所にまんべんなく存在しています。前頭部、側頭部、頭頂部、後頭部、わき毛、陰毛などです。
●5α還元酵素(2型)
2型はある一定の場所で特に多く存在しています。前頭部~頭頂部、ヒゲなどです

ザガーロ」を6ヶ月服用することで、服用前と比べて、脱毛部位に太く長い髪の毛の本数が増えるといった効果が期待できます。

早い人では、3ヶ月程で効果が現れる方もいますが、通常6ヶ月間は飲み続ける必要があります。

従来のAGA治療薬「プロペシア」や「フィナステリド」を服用されていた方が、発毛効果の高いAGA新薬「ザガーロ」へと切り替えています。

 

【剛力彩芽さん】AGA新薬「ザガーロ」のCM起用!男性型脱毛症の啓蒙活動サポーター!

グラクソ・スミスクライン社(以下GSK)は、10月20日「頭髪の日」に剛力彩芽さんを起用した男性型脱毛症の啓発活動を開始しました。続きを読む>>

▼ザガーロの資料

zagarro-document01

zagarro-document02

▼AGA(男性型脱毛症)についての説明

za_agamanual-001

za_agamanual-002

za_agamanual-003

za_agamanual-004

za_agamanual-005

za_agamanual-006

za_agamanual-007

 

グラクソ・スミスクライン株式会社より引用

AGA治療薬 ザガーロ
ザガーロの処方

 

AGA新薬「ザガーロ」は、5α還元酵素の1型と2型の阻害により、ジヒドロテストステロン(DHT)濃度を低下させ、ヘアサイクルを正常に近づけることで発毛を促進します。
グラクソ・スミスクライン株式会社

 

0.5㎎:30錠 9,500円(税込)

遠隔診療ポケットドクター

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © マリオクリニック池袋西口院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.