海外製ジェネリックの危険性

  • HOME »
  • 海外製ジェネリックの危険性

ジェネリック医薬品とは?(日本国内製)

ジェネリック医薬品とは、後発品(後発医薬品)のことを指し、新薬として開発販売された医薬品を先発品(先発医薬品)と呼ばれます。

ジェネリックとは英語で「Generic」と表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味があります。

 

ジェネリック医薬品の製造販売は、先発品(先発医薬品)の特許が切れた後に可能となりますので、各製薬会社が次々と開発に乗り出します。

ジェネリック医薬品は、先発品(先発医薬品)と同じ有効成分、同じ効用、同じ安全性を証明することで厚生労働省に承認され、先発品(先発医薬品)よりも安い価格で市場に投入されていきます。

 

ジェネリック医薬品が安い理由は、新薬の開発には10~15年の年数と開発費、厚生労働省の承認後は新薬を市場に浸透するための販売費など、数百億単位の費用がかかります。

それに比べてジェネリック医薬品は、すでに有効性と安全性が証明された新薬と同じ有効成分を使用していることから、約3年ほどの短期間で開発できます。

 

このように開発費が抑えられる上、市場への投入も新薬に関する情報が浸透してることから販売費も抑えられる結果、ジェネリック医薬品は安い価格で販売されています。

日本の医療費が年々膨らみ続けている中、ジェネリック医薬品による医療費削減が期待されており、国はジェネリック医薬品の処方を推進しています。

ED治療薬のジェネリック医薬品(日本国内製)

2017年10月時点、ED治療薬のジェネリック医薬品は「バイアグラ」のみです。

バイアグラの有効成分「シルデナフィル」がジェネリック医薬品として各製薬会社から開発され、製造販売されています。

 

レビトラやシアリスのジェネリック医薬品は、日本国内では厚生労働省から承認されておりませんのでご注意ください。

 

厚生労働省から承認されているジェネリック医薬品を「国内正規品」「国内流通品」「国内流通薬」などと呼ばれています。

厳しい試験によって、新薬と同じ有効性と安全性が証明されていることを意味しています。

 

当院のジェネリック医薬品は、「国内正規品」のみ取扱い、患者様に処方しています。

ED治療薬のジェネリック医薬品(海外製)

個人輸入代行業者より、海外製のジェネリック医薬品であるED治療薬を購入されている方が増えています。

また、ED治療薬を取り扱うクリニックが、海外製のジェネリック医薬品を患者様に処方していることがあります。

 

海外製のED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)のジェネリック医薬品は、日本国内では未承認薬です。

 

つまり、厚生労働省から承認されていない薬剤であり、期待する有効性は確認されておらず、さらに安全性の担保もありません。

実際に、偽造バイアグラや偽造レビトラ、偽造シアリスが発見され、服用による健康被害も報告されています。

 

2016年11月24日には、「偽造ED治療薬4社合同調査結果」が発表され、ネット入手の約4割が偽造品ということが明らかになりました。

詳しくはこちらをお読みください。
>>偽造薬に注意

医薬品副作用被害救済制度とは?

初めて「医薬品副作用被害救済制度」を知る方も多いのではないでしょうか?

この制度は、サリドマイドやスモンが原因となった薬害をきっかけとして発足された制度です。

 

具体的には、病医院で処方された医薬品や薬局で購入した医薬品を、適正に使用したにも関わらず、重篤な健康被害が生じて治療や入院が必要になった場合、医療費や年金などの救済給付を行う公的制度です。

市販されている医薬品によって、誰にでも副作用を生じる可能性があり、重篤な健康被害を受けてしまった場合の救済制度です。

 

万が一、個人輸入代行業者やクリニックから、海外製ジェネリックのED治療薬を入手し、それを服用したことよって重篤な健康被害が生じても、「医薬品副作用被害救済制度」の対象外になります。

個人の責任において、日本国内では未承認の薬剤を服用していますので、自己責任となってしまうのです。

 

なお、ED治療薬の海外ジェネリックを処方するクリニックは身近にありますので、ご自身で調べると良いでしょう。

そのED治療薬を服用することで重篤な健康被害が生じても責任は個人にある、という内容の書類に患者様の署名を求めています。

 

治療薬の料金が安いからという理由だけで、安易に海外製ジェネリックを購入したり処方されると、大きなリスクを負うことになるのです。

自分だけは大丈夫と思わず、ED治療薬の入手は、①医療機関(正規ルート)から②国内正規品の処方により入手しましょう。

 

▼参考URL

医薬品副作用被害救済制度
https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/

あやしいヤクブツ連絡ネット(怪しい治療薬の通報先)
http://www.yakubutsu.com/

厚生労働省HP【医薬品等を海外から購入しようとされる方へ】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/

遠隔診療ポケットドクター

お気軽にご相談・お問い合わせください TEL 03-5950-3310 診療時間:12:00~21:00
診療日:火~日曜日 ※月曜日休診

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © マリオクリニック池袋西口院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.