偽造品に注意

  • HOME »
  • 偽造品に注意

ネット入手の約4割が偽造品

ED治療薬は、医師の処方が必要な医薬品です。

下記は、各ED治療薬の「国内正規品」と「偽造品」の比較写真です。(バイエル薬品より)

 

インターネットでの個人輸入は、医療機関以外の不正規ルートですので、入手したED治療薬は偽造品の可能性が高く、重篤な健康被害も予想されます。

実際に、偽造バイアグラや偽造レビトラ、偽造シアリスが発見され、服用による健康被害も報告されています。

 

2016年11月24日には、「偽造ED治療薬4社合同調査結果」が発表されました。

国内でED(勃起不全)治療薬を製造・販売している4社(ファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本新薬株式会社、日本イーライリリー株式会社)合同によるインターネットで入手したED治療薬の鑑定調査を実施した結果です。

 

合同調査の内容は、ED治療薬を日本およびタイの販売サイトから購入し、真正品と偽造品の鑑定を行い、また含有成分の分析を行いました。

その結果

①ネット入手の約4割が偽造品:国内外合計
ネットで入手したED治療薬は、国内外の合計で約4割が偽造品でした。

②タイ国内発注分では約半数が偽造品
日本国内の調査では約4割、タイ国内の調査では約5割が偽造品でした。

いずれの国の調査も、日本語で運営されている「個人輸入代行」サイトが対象です。
(タイの場合は、日本人がタイ国内で発注し、タイ国内で商品を受領しています。)

 

インターネットで個人輸入代行を利用してED治療薬を入手することは、偽造品の可能性が高いことが分かります。

さらに、偽造品の成分分析結果や品質には、ばらつきがあり、有効成分含有量が承認用量を超過あるいは不足、または全く含まれていないもの、他の成分あるいは複数の不純物が含まれるものが確認できたことも分かっています。

 

2009年にも上記製薬会社4社合同にて「ネットで購入した医薬品の真贋調査」の結果を発表しています。

2016年の調査では、2009年の調査より偽造品流通の割合は減少傾向が見られましたが、未だに偽造品は流通し続けており、健康被害と経済被害が続いていることから、2度目の合同調査が実施されたという経緯です。

 

なお、2015年に税関で差し止められた偽造医薬品は、1,030件と10年前の11件に比べ、およそ100倍に増加、その多くがED治療薬と報告されていますので、偽造品と知らずに服用された方も多くいるでしょう。

自分だけは大丈夫と思わず、ネット入手の4割が偽造品という調査結果を受け止めて、ED治療薬は①医療機関(正規ルート)から②国内正規品の処方により入手しましょう。

 

ED-info.netEDネットクリニックEDケアサポート

遠隔診療ポケットドクター

お気軽にご相談・お問い合わせください TEL 03-5950-3310 診療時間:12:00~21:00
診療日:火~日曜日 ※月曜日休診

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © マリオクリニック池袋西口院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.